後閑敬斗(フロー君)Flawの経歴や所属は?イケメンで彼女は?eスポーツ選手権優勝!【ジューダイ】




マリリン
みんな元気?マリリンよ。

最近日本でもよく耳にするようになった

eスポーツって知ってるかしら?

マリリンはゲームに詳しくないん

だけど、NHKの「#ジューダイ」を観て

ゲームの見方が一気に変わったわ!

今回のeスポーツ選手権で優勝した

チーム「ISS GAMING」率いる

フロー君(Flaw)こと

後閑敬斗(ごかんけいと)さんが

とっても気になったので調べてみるわね。

それでは今日もマリリンと一緒に

後閑敬斗さんをPick up!

スポンサードリンク

 1.後閑敬斗(フロー君)Flawの経歴と所属は?

出典:https://twitter.com

後閑敬斗さんの経歴
  • 名前:後閑敬斗(ごかんけいと)
  • 生年月日:2001年10月4日
  • 年齢:17歳(高校2年生)
  • 高校:学芸大学附属国際中等教育学校
    (ISS GAMING)キャプテン
  • プロチーム:BC(Burning Core)所属
    2018年8月加入
  • プレーヤー名:Flaw
  • 2019年3月:第1回全国高校eスポーツ
    選手権優勝

後閑敬斗さん(フロー君)は、高校生

なのにeスポーツのプロ選手!

2018年8月から、プロチームの

BC(Burning Core)に練習生として

所属し、プレーヤー名「Flaw」で

チーム最年少ながら活躍。

 

後閑敬斗さんは、1歳~9歳まで

上海で生活し、その後15歳まで

アメリカで暮らしていたそう。

ご両親が、海外赴任の多いご家族

なのでしょうね。

そのため、後閑敬斗さんは、日本語

英語、中国語が話せるトリリンガル!

なんだかとっても知的な感じがしますね。

eスポーツをしだしたのも、アメリカ人の

友人に影響を受けて。

2019年3月には、

第1回全国高校eスポーツ選手権で

大敵の赤バフ君率いる、横浜市立南

(The Grateful Feed)を倒し優勝!

 

現在は、ゲームの練習に加え、学校の

期末試験の勉強や、学園祭で主役に選ばれ

たり、バンドも始めたりと、毎日とても

忙しくされています!

後閑敬斗さんは、なんでもこなせる

優等生タイプな感じがしますね。

スポンサードリンク

 2.後閑敬斗さんはイケメンで彼女は?

後閑敬斗(フロー君)は

話し方も、まるで大人みたいにしっかり

話していて、少しスケート選手の羽生弓弦

さんみたいな雰囲気ですね^^

顔も整っていてイケメンです!

大人になったら、かなり男前に

なりそうな予感。

NHKの「#ジューダイ」での放送の中

でも、ゲストの南明奈さんに

「17歳であの落ち着きはすごい」

「カッコイイ~」と言わせてしまうくらい

ですからね!

そこで後閑敬斗さんに彼女がいないか

気になるので、ツイッターなどなど

調べてみました。

でも残念ながら彼女情報が見当たらず。

でも海外に彼女がいるかもしれない

ですよね?真相は如何に。

 3.後閑敬斗さんがeスポーツ選手権で優勝!

NHKの「#ジューダイ」で

後閑敬斗さんが率いる東京学芸大付属国際

中等教育学校の「ISS GAMING」が

優勝した様子を、紹介していました!

マリリン

素人の私にも、とっても

分かりやすかった上に、後閑敬斗さんが

魅力的なのでファンになっちゃったわ

まずは対戦するゲームは「リーグ・

オブ・レジェンド」。5対5の対戦型

ゲームでキャラクター数140以上。

敵を倒せばパワーアップし、倒されても

復活が可能。

スポンサードリンク

今回フロー君の学芸大附属国際が決勝で

戦ったのは、超高校級プレーヤーと

言われる赤バフ君率いる共生(岡山)。

実は赤バフ君とフロー君は、昔からの

友人だそうで、この大会で決勝で

戦おうと約束していたそう。

 

戦いは3試合に分けて行われ、まずは

1試合目。

リーグオブレジェンドでは相手に使用

してほしくないキャラクターをお互い

5体選べるそう。なので

お互いのチームが相手の中心的になる

赤バフ君とフロー君に自由にプレー

させないことを狙って、選択。

 

それが後閑敬斗さんには痛手だった

そうで、普段使わないキャラクターを

使うことになり、多少のミスをして

しまいます。はじめのキャラクター選択

の時に相手の思惑にハマってしまった

部分があったのと、たった1秒の

チームワークの乱れも加わって敗北。

 

しかし、2試合目もいつも通りプレーすれば

勝てると強気の後閑敬斗さん。得意とする

数的優位のチームプレー戦法で赤バフ君に

勝ちます!

 

最後の3試合目ですべてが決まるのですが

何千人もの前でプレーする緊張感と

ショットコールといわれる指示出しで

かなり疲れていたフロー君。

思い切って司令塔交代の役割を

「ぽきぽん選手」に任せることに!

そうすることで自分のプレーに集中

できたそう。ぽきぽん選手は指示出しの

知識は多少あったそうですが、それでも

いきなりの交代だったのに、しっかり役割を

果たしました!

遠くにいた見方を近くにテレポートさせる

という作戦が見事に当たり、形勢逆転。

開始から32分で勝利を決めました!

これは日ごろからの信頼関係があるから

こそできることですよね。

素晴らしいチームワークです。

今回は受験生がいたため、練習を重ねる

時間が少なかったのに、戦略性の高さで

優勝を果たしました!

マリリン
eスポーツがこんなに

熱くて面白いってことを、初めて

知ったわ!これからもっと人気が

出て周知されていくこと間違い

ないわね。是非、これからも

eスポーツの素晴らしさを見せて

もらいたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です