金子哲也(知床ねこのしっぽ)は釣り宿ガイドを夫婦経営!サービスやおもてなしが評判【人生の楽園】




こんにちは、マリンです!

10月12日(土)の【人生の楽園】

北海道知床にある、釣り宿

「知床フィッシングガイド&コテージ

ねこのしっぽ」が登場します。

元鉄道マン釣り大好きの、金子哲也さんと

妻の金子文江さんが夫婦で切り盛りする

1組限定の貸切り「釣り宿」「ガイド」

サービスやおもてなしが評判のようですね!

ステキな金子夫婦について、気になったので

調べてみました。

スポンサードリンク

 1.金子哲也(知床ねこのしっぽ)は釣り宿ガイドを夫婦経営!

「知床フィッシングガイド&コテージ

ねこのしっぽ」は、金子哲也さん(61歳)

金子文江さん(62歳)が切り盛りする

釣り宿

「北海道に来る釣り人のお手伝いがしたい」

という金子哲也さんの想いがつまった

「ねこのしっ

2019年5月にオープンしたばかり。

まだ半年も経っていないのに評判を

呼んでいるのは、金子哲也さんと

金子文江さんがとってもステキな方だから^^

 

2人の馴れ初めは、高校時代にさかのぼり

ます。栃木県の高校で出会った金子夫婦

お付き合いを始めました。金子哲也さんは

高校卒業後、旧国鉄に就職!

20歳の頃に、釣りに目覚めて熱中するように

なります。22歳の時に、お付き合いを続けて

いた現在の妻金子文江さんとご結婚され

2人の子供さんに恵まれました。

 

妻の金子文江さんは、育児で大変な時でも

金子哲也さんが夜勤明けで疲れていても、

釣りが好きすぎて、釣りに出かけて

しまうので苦労したようですね。

好きな事を続けさせてくれた妻の金子文江さん

はとっても優しい女性なのだと思います!

 

金子哲也さんが50歳の時に

北海道へ釣り旅行をしたときに

本州とは違う大魚釣りの魅力に目覚め

ました!その後毎年のように、北海道へ

釣り旅行に出かけ、いつしか夢が芽生えます。

それは「北海道で暮らしたい」ということ。

 

そして、なんとは金子哲也さんは56歳

時に「清里町」に中古の家を購入。

2018年4月には夫婦で清里町に移住

しました!

「北海道に来る釣り人のお手伝いがしたい」

という気持ちから、釣りガイドもしたいと

考えた金子哲也さん。

自宅敷地内に新たに家を建て

以前住んでいた家を宿に開放し

2019年5月に、釣りガイド付き宿

「知床フィッシングガイド&コテージ

ねこのしっぽ」をオープン!

 

趣味が高じて釣りガイドと宿を始め

金子哲也さんですが、それを支える妻の

金子文江さんもすごいですね!

金子哲也さんがやることに対して

金子文江さんは「はい!」

と着いてきたそうです。

そして現在は、妻の金子文江さんも

一緒に釣りを楽しんでいます!

お客さんとの釣りに、同行することもあり

夫の金子哲也さんを超える腕前だとか。

奥さんの旦那さんへの寄り添う気持ちが

伝わってきますね。

金子哲也さんは、好きな事を仕事にして

寄り添ってくれる奥さんがいて

本当にステキなご夫婦だと思います^^

 

スポンサードリンク

 2.金子哲也(知床ねこのしっぽ)のサービスやおもてなしが評判!

「知床フィッシングガイド&コテージ

ねこのしっぽ」

2019年5月のゴールデンウィークに

オープン。

 

金子哲也さんの、おもてなしやサービスが

評判なんですよ!

まずは

お客さんの経験と要望をもとに、狙う魚

季節、前日・当日の天気を考慮し、最善の

ロケーションを案内してくれるんです。

知床の釣り場を知り尽くしている金子哲也

さんならではのサービスですね!

そして、3名までの釣りツアーの参加は

金子哲也さんの愛車で

魚釣りの現地まで車で送迎してくれます

さらに

ウエーダー(胴長)、釣竿(餌釣り用

ルアー竿一式(ルアー付き)

無料で貸し出ししてくれるんですよ!

なので初心者さんでも安心して参加でき

ますし、子供さんのいる家族連れにも

人気です。

 

また、魚釣り未経験の人に、北海道の大自然と

向き合いながら釣りを楽しめるように

してくれるそうですよ^^

魚釣り以外にも知床を楽しむ方法が

あるんですね。

1組限定の

宿にはキッチンが付いているので

釣った魚を持って帰って調理できるのも

うれしいポイントですね。

 

また、宿に洗濯機が付いているので

もっていく服の荷物が減らせて便利です。

連泊も相談すればさせてもらえるので

長期滞在してゆっくり釣りをしたい

人にはもってこいですよね!

宿の近くには「神の子池」があり

車で20分弱の距離なので、道東の自然を

満喫することもできると評判です!

 

また、料理は金子哲也さんが手作りする

事が多いそう。「人生の楽園」では

その手料理のいくつかが紹介されました。

サクラマス・タコ・エゾシカの刺身

ちゃんちゃん焼き

ご近所さんの山で採って来た、ラクヨウダケ

のきのこ汁(いももち入り)

そのほかにも、夫婦で摘んできた

ハマナスの実を使って、「ハマナスジャム」

を作ったりと。どれも本当に

美味しそうでした!

スポンサードリンク

 マリンのひとこと

こういった、地産地消の料理が食べられるのも

旅の醍醐味ですし、自分で釣った魚

が食べられたら美味しさも倍増しそうです!

釣りも楽しそうですが

こういった田舎暮らしに憧れます。

金子さん夫婦のようなご夫婦をみると

歳を取っても楽しそうだなと

夢をもらえます。

これからも、釣りのガイドと宿の経営を

頑張っていただきたいですね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です