宮本教三【ミヤモト楽器】経歴と店の場所!ピアノ調律料金と中古買取価格は?人生の楽園(大阪市鶴見区)




こんにちはマリンです!

2020年3月21日の【人生の楽園】

に、ミヤモト楽器を運営する

ピアノ調律師の宮本教三(みやもときょうぞう)

さんが登場します!

 

宮本教三さんは、元中学音楽教師で

定年退職後に「ミヤモト楽器」を

始め、ピアノの調律師として出張したり

中古ピアノの買取販売をされています。

ピアノ調律の際は、「ピアノの弾き語り」

をしてくれたり、「お花の苗」をお客さん

にプレゼンとしたりする、面白い

おっちゃんなのだそう!

そんな宮本教三さんの、経歴や

ミヤモト楽器の場所、ピアノ調律の値段

や中古ピアノの買取価格などについて

調べてみました。

是非、ご確認ください!

スポンサードリンク

 1.宮本教三(ミヤモト楽器)さんの経歴は?

それでは早速、ミヤモト楽器の

宮本教三さんの経歴について見ていきましょう!

宮本教三さんの経歴

名前:宮本教三(みやもときょうぞう)

出身:大阪府大阪市

生年月日:1952年?

年齢:68歳

学歴:高校卒業
専門学校卒業
音楽大学卒業

職歴:電子楽器メーカー
(電子ピアノの営業・エンジニア)

中学校教師(音楽)

定年退職後:ミヤモト楽器
(ピアノ調律・中古ピアノ買取販売)

宮本教三(みやもときょうぞう)さんは

地元大阪市鶴見区生まれの大阪育ち!

幼い時からピアノや楽器がお好きだったのか

18歳の時には電子楽器メーカーに

就職し、電子ピアノの営業とエンジニア

として働いていました。

こちらはその頃の宮本教三さんの画像です。

当時は、エレクトーンから電子ピアノ

への転換期で、高い電子ピアノだと

100万円近くする物もありました。

電子ピアノには、普通のアップライト

と電子ピアノの中間のような製品もあって

見た目は普通のピアノ。

でも音が小さく響くようにできていて

音も調整できるので、マンションなどでも

弾けると人気がありました。

 

調律が必要なタイプの電子ピアノは

時間がたつと、普通のアップライト同様

音が狂ってくるので、調律が必要

になってきます。宮本教三さんは

技術向上のために、働きながら専門

学校へ通って調律の勉強をしていました。

そのころは「将来は楽器店を開きたい」と

思う様になっていたそう。

そんな時、ピアノ奏者として会社に出入り

していた壽賀子さんと出会ったそう!

壽賀子さんは、ピアノの先生を50年間

されてきたそうです。

宮本教三さんは壽賀子さんに、いちから

ピアノを教わり、仲を深めていったそう^^

そして「大学を出て安定した職業に就く」

という条件で、反対するご両親を押し切り

21歳の時にご結婚したそうです!

その後、23歳で

宮本教三さんは音楽大学に合格!

なんと大学卒業後は、中学校の音楽教師に

なったのです。

愛の力ってすごいですね~

宮本教三さんは、お2人の娘さんに恵まれ

ました。

そして宮本教三さんは60歳の定年退職

まで教師の仕事を勤め上げ、退職後は

「調律師になって楽器店を開きたい」

という夢をかなえるため

2016年に「ミヤモト楽器」をスタート!

お客さんの自宅へ赴き、思い出のピアノの

傷の修復や、放置していたピアノの調律

などをしつつ、ピアノの弾き語りを披露して

いるのだそう!

お客さんも大満足で、きっと家に音楽が

戻ってきたと感じているのだと思います!

ピアノに人生をかけている宮本教三さんは

とっても暖かくて素敵な人なんですね。

スポンサードリンク

 2.宮川教三さんのミヤモト楽器の場所はどこ?(大阪市鶴見区)

みなさんは、家にピアノをお持ちですか?

ピアノは弾いていなくても、長年放置

していたら、どんどん音が狂ってくるので

弾いたら気持ち悪いですよね。

でも自分では調律できないし、せっかくなら

調律師の宮本教三さんにお願いしたい

ですよね!

ということで、宮本教三の「ミヤモト楽器」

の場所を調べてみました。

すると、どうやら「ミヤモト楽器」の場所は

宮本教三さんのご自宅がお店になっている

ようです。

宮本教三さんのご自宅は大阪市鶴見区で

ミヤモト楽器

住所:大阪府大阪市鶴見区

電話番号:非公開

出張エリア:大阪市鶴見区から車で40分以内

の場所に限ります。(高速道路を使わず、

一般道のみでの移動になります)

大阪市鶴見区といえば、大阪万博が開催された

鶴見緑地に隣接している街ですね。

宮本教三さんは「ミヤモト楽器」として

自宅の住所の詳細は公表はされておらず

SNS上にも、何の情報も見当たり

ません。

おそらく、ご近所さんや知り合いのクチコミ

などでお仕事をされているのでしょうね。

残念です・・・

でも、テレビ番組の「人生の楽園」では

放送後に公式HPへ「楽園通信」を掲載

しています。そこに、番組内で紹介された

お店の情報を公開されていますので

もしかしたら、「ミヤモト楽器」の情報が

そちらに載るかもしれませんね。

ミヤモト楽器の場所が分かり次第

追記していきます!

【追記】

人生の楽園では、やはり宮本教三さんの

ご自宅の場所までは紹介していません

でした。楽園通信では、宮本教三さん

お1人でされているので、なにとぞ

ご了承くださいとのことです。

 

スポンサードリンク

 3.宮本教三(ミヤモト楽器)さんのピアノ調律料金は?

宮本教三さんのミヤモト楽器では

宮本教三さんがピアノ調律師として

活動されています!

「ミヤモト楽器」のピアノ調律の料金は

やはり公表はされていませんが

一般的には1万5000円~2万円

くらいが相場なので、

1万5000円~2万円の間くらい

ではないでしょうか。

調律していなかった期間にプラス割増し料金

がかかるといった具合だと思います。

そして、修理する部品があったら、

そこへさらに部品代も入ってくるでしょう。

 

私は以前カワイ楽器に、ピアノの調律に

来てもらったことがあるのですが

その時は3万円近くかかりました(汗

大手の楽器屋さんに頼むと、調律師をあっせん

紹介する形になるので、結果的にその

紹介料が取られているのだと思います。

 

その時は、「次からは直接連絡をください」

と調律師さんから名刺をいただきましたから^^

なので、定期的にピアノのメンテナンスを

されている方は、自分に合った調律師さんを

決めて、指名してきてもらっているのだと

思います。

調律師さんによって、同じピアノでも

音が全然違いますからね!

 

ピアノの調律は、ピアノの移動ができない

ため、ピアノのある場所に赴いて調律を

します。自宅のピアノの調律は、家に

調律師さんに上がってもらわないと

いけませんよね。時間は調律師さんにも

よりますが1~2時間はかかります。

 

他人に自宅に上がってもらうのに抵抗が

ある方は、できたら宮本教三さんのような

方に来てもらいたいですよね^^

私もかなり幼い頃の記憶で

自宅に来てくれたピアノ調律師さんが

一度だけピアノ演奏を披露してくれた

ことがあったのです。

あれは本当に衝撃的な思い出で

美しく生まれ変わったピアノの音と

その素晴らしい演奏は

今でも記憶に残っているくらいです。

スポンサードリンク

 4.宮本教三(ミヤモト楽器)のピアノ中古買取価格は?

宮本教三さんのミヤモト楽器では

中古ピアノの買取販売もしているのです!

ピアノはどれくらいの価格で買い取って

もらえるのでしょうか?

 

大切にしてきたピアノを引っ越し等で

泣く泣く手放さないといけなくなった方。

絶対いると思います。

ですがピアノってそんなに高くは買い取って

もらえません。

まず、製造年月日が古いと値がつかず

むしろ廃棄料金が取られるのです。

売ろうと思ったのに

出張引き取り料金と、配送料金と

廃棄料金と合わせて3万円ぐらい、

取られるというのが普通です。

本当に悲しくなりますよね。

 

粗大ごみでは引き取ってもらえないので

それぞれの「市」に連絡して、業者に

取りにきてもらう事もできますが

自治体によっては8000円くらい

かかります。

しかも、ごみとして家の外に運び出さな

ければなりませんので、自分たちでは

できないですよね。

 

宮本教三さんのミヤモト楽器では

おそらく、宮本教三さんの「良心」で

ピアノを買い取っているのだと思います。

本当に高級なグランドピアノや

スタインウェイなどのメーカー物は

買取の値がもちろんつくものもありますが

次に売れる保証はどこにもありません。

 

しかもミヤモト楽器はご自宅で経営して

いるので、現在ご自宅がピアノで埋め尽く

されているそうです(汗

食卓も2階に追いやられているそうなので

もう置くところが無いのでしょうね。

 

どうしてもピアノを手放さなくては

いけない人にとったら、宮本教三さんの

ような人に引き取ってもらえるだけでも

本当にありがたい事ですよね。

宮本教三さんがピアノが大好きで、きっと

優しい方だから、そんな風になって

しまったのだと思います^^;

 

宮本教三さんにピアノを買い取って

もらおうと思ったら、まずは

見積もりに来てもらわなければ

なりません。

でも、連絡先が分からないんですよね。

ネット上に情報が無いのです。

これはやはり、人生の楽園通信を

待つしかないですね。

情報が分かりましたら追記していきます!

【追記】

人生の楽園通信では、ミヤモト楽器の

連絡先を公表していませんでした。

スポンサードリンク

 5.宮本教三(ミヤモト楽器)さんがもっと知りたい!

今回の、ミヤモト楽器さんについては

ほとんど情報が無いので、本当に

困りました。

 

私も以前、ピアノを手放した事があって

今回宮本教三さんの事を調べてみて

もっと早く知りたかったと思いました。

やはり、ピアノは長年大切にしている

方が多く思い入れが強いものだと

思うので、値段ではないんですよね。

そして、宮川教三さんは調律師としても

とても素敵な方ですよね、

これからはただの作業をする調律師ではなく

ピアノが好きな調律師さんとか、

演奏や歌ができる調律師さんが増えると

素敵だなと思います。

子供さんも、音楽が好きになるきっかけ

になるかもしれませんしね^^

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

1 個のコメント

  •  宮本さんに、私が作詞作曲した歌の弾き語りや、「神田川」などのギター独奏を録音したCD(18曲入り)を送ろうと思いましたが、住所が分かりません。
     「人生の楽園」では、88鍵盤の電子ピアノが映っていました。私は、現在、71歳のジジイですが、2年前からピアノの練習を始め、今では、ピアノの魅力に取り付かれています。88鍵盤の電子ピアノを探していましたので、TVを見ていて「おっ」っと思いました。譲り受けることはできないのかな?
     宮城県の白石市という所に住んでいます。ユーチューブにもsatoushinryuというチャンネル名で、47曲アップしています。

  • 佐藤真龍(さとうしんりゅう) にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です