伊藤明(伊藤屋社長)の経歴と万年筆専門店の場所と通販は?【世界はほしいモノにあふれてる】NHK

スポンサードリンク




こんにちは、マリンです!

2020年4月16日のNHK

【世界はほしいモノにあふれてる】に

老舗文房具店「伊東屋」の社長

伊藤明(いとうあきら)さんが登場します!

 

今回の「世界なほしいモノにあふれてる」では

伊東屋社長の伊藤明さんが、文房具の

バイヤーとしてドイツ・オーストリアへ

日本未上陸の一品を求めて旅をします。

 

職人技で作られた珠玉の万年筆や

世界最高峰の紙など興味津々!

昔から、万年筆は一生ものと言われていて

是非いいモノを手に入れたいという方が

まだまだいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、伊藤屋社長の伊藤明さんの経歴や

万年筆の専門店、通販について調べて

みました。

是非、ご確認くださいませ!

スポンサードリンク

 1.伊藤明(文房具店伊藤屋社長)の経歴は?【世界はほしいモノ】NHK

それでは早速、老舗文房具店「伊東屋」

社長の伊藤明(いとうあきら)さんの経歴

をみていきましょう!

伊藤明さんの経歴

名前:伊藤明(いとうあきら)

生年月日:1964年

年齢:56歳

出身:東京都

学歴:慶應義塾大学法学部卒業

アートセンターカレッジオブデザインにて
工業デザインを専攻(1991年卒業)

職歴:1992年伊東屋に入社

2005年:伊藤屋代表取締役社長就任

2007年:銀座通連合会常任理事

2009年:全銀座会催事委員会委員長就任

伊藤明(いとうあきら)さんは1964年の

東京生まれ。伊藤屋の5代目社長で

手先が器用。なんでも自分で

こなしてしまう性格なのだそう。

伊東屋は明治35年に伊藤勝太郎さんが

「和漢洋文房具・STATIONERY」として

銀座3丁目に創業した文房具の老舗です。

現在は銀座本店にある看板の

「レッド・クリップ」がシンボルとして

知られていますね^^

 

伊藤明さんは、慶應義塾大学法学部を卒業後

アメリカで工業デザインを学ぶために

留学しアートセンターカレッジオブデザイン

を卒業されています。伊藤明さんは

デザイナーでもあるんですね!

これが実際の伊藤明さんの会議でメモした

という1コマ。


出典:https://president.jp/

伊東屋社長の伊藤明さんは普段からメモを

とるようにされているそうですが

すごく素敵なメモですね~。

全部見てみたい気がします!

伊藤明さんは、伊藤屋の経営だけではなく

店舗のインテリアデザインやオリジナルの

商品開発も手掛けています。

文房具離れが著しい最近では、伊藤屋は

文房具を売るのだけではなく「過ごす」

ということについても着目し

進化を続けています。

店頭には、紙が1000種類以上と

文房具が充実し、地球儀専門売り場や

万年筆専門売り場、文房具以外の鞄など。

さらにはカフェや店内での野菜作りと、

出来る事を全てやり、お客さんに如何に

気持ちよく過ごしてもらうかを

追及されています!

スポンサードリンク

 2.伊藤明(伊藤屋社長)さんの万年筆専門店の場所はどこ?【世界はほしいモノ】

NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」では

万年筆をクローズアップしています。

みなさんは万年筆をお持ちですか?

私は社会人になった時に、自分のために

5万円近くする「モンブラン」の万年筆を

購入したのですが、やはり安物の

万年筆とは全然書き味が違うんですよね。

最近は文章を書くこと自体、減っていますが

年賀状やお祝い事の手紙などは、やはり

万年筆や筆で書くという礼儀が、日本には

まだ残っているそうです。

万年筆は、インクが毛細管現象によって

ペン先に持続的に送られるという自然現象を

使った賢いペンで、インクを交換する事で、

半永久的に使うことができます!

そして筆圧が少なくていいので、抵抗が少なく

軽く書けるため、長時間の作業に適しています!

また、すごいところは使い続けることで

ペン先が使う人の癖に馴染んでいくという

その人だけの唯一の万年筆になるというわけ

ですね!

なんだか万年筆がほしくなってきた人が

多いとおもいます^^

それではここで、伊藤屋社長の伊藤明さんの

万年筆ばかりを取りそろえた、万年筆専門の

ブースがある店舗をご紹介します!

万年筆専門G.Itoya

店名:G.Itoya(銀座伊東屋)

万年筆専門ブース:3階

住所:〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-15

TEL:03-3561-8311

営業時間:現在コロナ休業中

アクセス:東京メトロ銀座駅
A13出口より京橋方面に向かって徒歩3分
(約300M)
東京メトロ銀座一丁目駅
9番出口より新橋方面に向かって徒歩1分
(約100M)

スポンサードリンク
伊藤明さんの伊藤屋の万年専門ブースは

G.Itoyaに3階にあります!

クラシカルな定番品、蒔絵がほどこされた

万年筆、限定品など約2,000本の万年筆が

あるそう!

なんだかワクワクしますね~

初めて使う人にも専門スタッフがいろいろと

教えてくれるそうで、お客さんに合った

万年筆を選んでくれるということで

嬉しいですね。全く初心者だと

何を選んだらよいかさっぱり分かりません

からね^^

限定万年筆 インク 革製デスクマットなども

売られているそうですよ。

さらに、伊藤明さんの万年筆専門ブースでは

「モンブラン」ばかりを集めたブースも

あるそうです!これはモンブラン好きには

たまらないコーナーですね。

さらにさらに、伊藤屋では

「ペンケアルーム」というものがあり

長い間使っていなかった万年筆や、書き味

が悪くなった万年筆などの調整も行って

くれるそう。分解洗浄が有料ですが

1500円からあるそうです!

大切な万年筆を壊したくない方は

自分でやらずにこういったところで

してもらえると、本当に安心ですよね!

スポンサードリンク

 3.伊藤明(伊藤屋社長)さんの万年筆の通販は?【世界はほしいモノ】NHK

文房具の老舗、伊藤屋社長の伊藤明さんは

文房具のバイヤーとして世界を飛び回って

います。伊藤明さんの選ぶ万年筆が

とっても気になりますよね!

伊藤屋では万年筆の「通販」を行って

いて伊東屋オリジナルデザインの

万年筆や、高級なモンブランの万年筆も

通販で購入できるんです!

外出できないこのご時世ですが、すぐに

でも万年筆を使ってみたい方は通販が

便利ですよね。数千円の安いものから

何万円もするものまでいろいろ種類が

豊富ですよ!モンブランは現在で

20種類程の万年筆が通販で販売されて

いるようです。

万年筆以外にも様々な文房具が購入できるので

見るだけでも楽しいかと思います^^

是非、のぞいてみてはいかがでしょうか。

https://store.ito-ya.co.jp/category/100/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です