小坂直子(ボタンバイヤー)経歴と年齢!結婚した夫や子供は?【世界はほしいモノにあふれてる】NHK




こんにちは、マリンです!

2020年4月9日のNHK

【世界はほしいモノにあふれてる】

ボタンバイヤーの小坂直子(こさか

なおこ)さんが登場します!

 

小坂直子さんは、ボタン専門店「CO-」

店主でボタンバイヤーとして、主にイギリス

やフランス、アメリカなどの海外から

アンティークボタンを買付けしています!

小坂直子さんが選ぶボタンは、どれも

とてもおしゃれで、見たこともないような

デザインばかり。

アンティークのボタンには、その時代の

ファッションの流行や、デザイナーのこだわり

が詰まっていて、物語があるそう。。

今回「世界はほしいモノにあふれてる」の旅

で買い付けてくるボタンも、訳ありのボタンが

たくさんあるみたいですね。

 

そんな小坂直子さんは、なぜボタンを集めて

いるのか、ボタンバイヤーになるまでの

経歴や年齢と結婚した夫や子供について

調べてみました。

是非、ご確認くださいませ。

スポンサードリンク

 1.小坂直子(ボタンバイヤー)さんの経歴は?(世界はほしいモノ)

小坂直子さんの経歴

名前:小坂直子(こさかなおこ)

出身:非公開

学歴:18歳の時にイギリスロンドンに
短期留学

2002年:オンラインショップオープン

2010年:ボタン専門店「CO-」オープン

著書:「ボタン938」
ヨーロッパで見つけた珠玉のボタン938個を
解説つきで掲載したボタン図鑑

THE BRITISH BUTTON SOCIETY、
THE NATIONAL BUTTON SOCIETY会員

NHK「世界はほしいモノにあふれてる」

登場した小坂直子さんは、10歳の頃から

ヨーロッパなどのアンティーク家具や雑貨が

好きだったそう。

18歳の時には、イギリスのロンドンへ

短期留学し、その時に目にしたアンティークの

虜になったそうですよ!

 

小坂直子さんは、その後、毎年のように

ヨーロッパへ行っては、蚤の市や雑貨屋で

アンティーク商品を購入していたそう。

学生時代に、毎年海外旅行に行くだなんて

お金持ちの娘さんだったのかもしれませんね。

そして小坂直子さんは、24歳の時に

アンティークバイヤーになろうと決意!

本当にアンティークがお好きだったんですね!

目利きの勉強のために、その後1年間また

イギリスへ留学します。

 

その時に、小坂直子さんはボタンとの不思議な

出会いを経験されました。

いつものように、アンティークショップ巡りを

していた時のこと、知らない女性が近づいてきて

突然小坂直子さんの手に、「5つのボタン」

「あなたにあげる」と言って渡してきたそう。

 

それを受け取った小坂直子さんは、数日前に

別の場所の蚤の市で買った「箱」にも

ボタンが入っていた事を思い出し、

帰って蓋をあけてみると、女性からもらった

ボタンと全く同じボタンが入っていたそう!

なんともメルヘンチックな不思議体験ですよね!

小坂直子さんはその時から「ボタン」に興味を

持つようになり、アンティークのボタンを

集めるようになりました。

小坂直子さんは、イギリスから帰国後

念願だった「オンラインショップ」を立ち上げ

2010年には、今まで集めてきたボタンを

集結したボタン専門店「CO-」(コー)

東京東神田にオープンしました!


お店の場所や詳しい情報はこちらの記事で
確認できます^^↓

ボタン専門店「CO-」には、ヨーロッパやアメリカ

で19世紀~20世紀半ばまでに作られた、

手作りのヴィンテージのボタンや

日本国内の作家のボタンも取り扱っています。

 

ボタンは、丁寧に箱に入れられて

まるで宝石を観るような感覚に陥るのだそう。

ボタン専門店の店名「CO-」という言葉には

「モノを共有する 一緒に何かをする」という

意味があり、「CO」の後に単語を入れることで

初めて1つの言葉になるそう。

COは英語の接頭語なんですね!

言葉では表現できない気持ちを表す言葉として

「CO-」という店名で表現されているそうです!

小坂直子さんの買い付けてくるボタンには

言葉にできない思いとか、歴史とか

ストーリーがあるそうです^^

スポンサードリンク

 2.小坂直子(ボタンバイヤー)の年齢は?(世界はほしいモノ)

ところで、ボタンバイヤー小坂直子さんの

年齢が気になりますね!

小坂直子さんは、いったいおいくつなので

しょうか?

調べてみると、残念ながら年齢は公表して

いないようです。

小坂直子さんは24歳の時にイギリスへ

2回目の留学をされていますね。

もしかしたら、大学卒業後すぐ留学された

のかもしれません。

25歳で帰国し、その後2002年に

オンラインショップをオープンされていて

それが早くて26歳だったと考えると

逆算してみると、現在「43歳」くらい

かなと思います!

小坂直子さんは、33歳くらいでボタン専門店

「CO-」をオープンされたのかもしれませんね。

ということで、小坂直子さんは私の予想では

「43歳」で、いかがでしょうか。

スポンサードリンク

 3.小坂直子(ボタンバイヤー)さんの結婚した夫と子供は?(世界はほしいモノ)

NHK「世界はほしいモノにあふれてる」

に登場した、ボタンバイヤー

小坂直子さんは、既にご結婚されています!

小坂直子さんのの名前は小坂健次さんで

「CO-」のウェブ制作、デザイン全般を

担当されています。

小坂直子さんが、買付け担当なんですね。

夫の小坂健次さんは、オリジナルデザインの

ボタンも作成されているそうですよ!

旦那さんは、手先が器用な方なのでしょうね。

小坂直子さんと旦那さんの馴れ初めなども

気になりますね^^

SNS上で確認してみると、小坂直子さんの

子供さんの情報は見当たりません。

しかし、もしかしたら子供さんが既に

いらっしゃるかもしれませんね^^

*こちらの記事で、小坂直子さんの店
「CO-」の詳しい情報が確認できます!
是非、ご覧ください。↓

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • NHKのテレビ楽しく拝見しました。最近ボタン専門店見かけないので、小坂さんのお店があると分かり嬉しい限りです。若い頃から色々の手仕事してきましたが、いまはスェーデンのハスクバーナのミシン使って刺繡してます。生地も集めていて本で調べてパリのモンマルトルにある生地屋さんへ行ったり、フランスの田舎まで行った事があります。主人とよくヨーロッパへ行ったのですが、毛糸屋さんとか生地屋さんあまり見かけないですね。旅行者では探す時間もないので無理でしょうが。ボタンは少しずつ集めてます。銀の生地に銀で刺繡して、そこへ月の光で遊ぶ鹿を刺繡したバックがお気に入りなんですが、この月をボタンにしてます。
    コロナ騒ぎがおさまったらお店へ伺いたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です