山端朱美の店【SOUVENIRdePARIS】場所と値段は?経歴や年齢とフランスアンティーク食器(世界はほしいモノ)

スポンサードリンク




こんにちは、マリンです!

2020年4月2日のNHK

【世界はほしいモノにあふれてる】

「南仏&モロッコで極上テーブルウエアを

探す旅」と題して、アンティークバイヤー

山端朱美(やまはたあけみ)さんが

フランスとモロッコの食器を買い付け

していきます!

 

山端朱美さんは、フランス好きが高じて

フランスの有名ブランド

アニエスベー(agnes b)で働いていた

経歴をお持ちです。現在は退職し、1年の

半分近くをフランスで生活し、フランスの

アンティーク食器を買い付けしている

大人気のアンティークバイヤーさんです!

 

山端朱美さんの取り扱うアンティーク食器

100年や200年も前の物。時にはそれ

以上前の食器もあるんですよ。

そんな山端朱美さんの、アンティークの店

「SOUVENIRdePARIS」(スーヴニールドパリ)

場所や値段が気になりますね!

経歴や年齢とフランスのかわいいアンティーク

食器についても調べてみました。

是非、ご確認くださいませ^^

スポンサードリンク

 1.山端朱美さんの店SOUVENIRdePARISの場所は?(世界はほしいモノ)NHK

それでは早速、アンティークバイヤー

山端朱美(やまはたあけみ)さんの

「SOUVENIRdePARIS」の場所についてです!

山端朱美さんは、アンティークの店

「SOUVENIRdePARIS」を運営されていますが

調べてみると、お店自体は持っていないよう

なのです。。。

山端朱美さんは、蚤の市への出店や、定期的

な都内のギャラリーでの個展を主な活動

拠点にされているのです。

そこで、すぐにでもお店に行きたい!と思った

方には嬉しい情報です!

 

現在、山端朱美さんは、世田谷にあるカフェ

「リゼッタ二子玉川店」お店を出店中

なんです^^

それではお店の場所や営業時間などを

ご案内していきますね。

山端朱美さんの出店先

店名:リゼッタ二子玉川店(Cafe Lisette)

住所:東京都世田谷区玉川3-12-8

イベント開催期間:
3月19日(木)~4月4日(土)

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜日

リゼッタ二子玉川店は、店内もアンティーク調

の家具で揃えていて、食器もアンティークで

ずっとそこにいたくなるような雰囲気で

人気のカフェなんです!

山端朱美さんの出店期間は4月4日(土)まで

で、4月4日はご本人がお店にいてるそう

なので、訪れたら会えるかもしれませんね^^

優しいトランスファー柄の絵皿や、花や

植物がデザインモチーフのカトラリー。

青×白タイルや青ラインブリュロ、プレーンな

白皿アイテム色々、1970年代の現行品

トワルドジュイ復刻大判のfabric等が

購入できます!

スポンサードリンク

バイヤー山端朱美さんは、1月に

品川にある雑貨屋

「オルネドフォイユ不動前店」で、

「恋するモロッコ展vol2」を開催し

モロッコで買い付けしていきたアンティーク

の販売を行いました。

次はいつになるか分かりませんが

「モロッコ展vol3」が開催されそうですね!

オルネドフォイユの場所

店名:オルネドフォイユ不動前店

住所:〒141-0031
東京都品川区西五反田5-21-19

電話番号:03-6876-7832

営業時間:11:00~18:00
(現在はコロナ影響で休業中・4月
17日、18日オープン予定)

アンティークバイヤー山端朱美さんは、

他にもいろいろな場所で出店されていて

「恋するフランス展」を不定期ですが

開催されています。

前回は12月に2日間で、場所は

渋谷区恵比寿の「HALO」にて

行っていました。

その都度場所や期間が違うので

山端朱美さんのインスタグラムで確認

できますよ!

次は「恋するフランス展vol10」

開催されそうです^^

お店に行けない方のために、山端朱美さん

アンティークの店「SOUVENIRdePARIS」

通販がないかどうかも調べてみましたが、

通販もされていませんでした。

やはり、アンティークは一期一会。

山端朱美さんのお気に入りだけを

買い付けているので、なかなか難し

そうですね。

スポンサードリンク

 2.山端朱美さんのアンティーク食器の値段は?(世界はほしいモノ)NHK

ところで、山端朱美さんがSOUVENIRdePARIS

販売している、アンティーク食器値段

気になりますよね!

だいたい、お値段はどれくらいするので

しょうか?

以前、山端朱美さんが出店した

国連大学前広場の「青山ウィークリー・

アンティークマーケット」では

20世紀初頭の銀のフォークを3本1500円

で販売されていました!

これはかなり安い値段だそうで

山端朱美さんは、また来てもらうために

値段設定をできるだけリーズナブルに

しているそう。

インスタグラムでも、食器の値段は公表

されていませんが、「リーズナブルな

お値段になっています」という言葉が

たびたび出てきますね。

山端朱美さんは、出店する時のテーブル

セッティングや買い付けする時など

いつも楽しむ事を大切にされているようで

稼ぐ事は二の次のような感じがします。

 

アンティークバイヤーの山端朱美さんが

フランス等から買い付けしている物は

100年~200年以上前に作られた

陶器や陶磁器なので、水につけると

水ジミが表面に出来るものがあるそう。

土の素材や釉薬によって生じるもので

乾くと何事もなかったように、キレイに

なるそう。知らないとびっくりして

しまうそうです。そういったところも

アンティークの趣なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 3.山端朱美(アンティークバイヤー)さんの経歴は?(世界はほしいモノ)NHK

それでは続いて、アンティークバイヤー

山端朱美さんの経歴についてみていきましょう。

山端朱美さんの経歴

名前:山端朱美(やまはたあけみ)

学歴:新卒で「agnès b.」に入社

職歴:「agnès b.」
フランスやベルギーのアパレルや
雑貨を扱う会社

2013年:独立

2014年12月:
「SOUVENIRdePARIS」を運営

ライターとしても活躍

好きな食べ物:ラーメン

アンティークバイヤーの山端朱美さんは

高校生の時は雑誌の「オリーブ」にハマって

いて、紹介されるパリの高校生のファッション

などを見て、フランスに憧れるように

なりました。セブンティーンのような

かわいい雑誌ではなく、オリーブは

かっこいい印象の雑誌で、人の真似をしない

パリの女の子は日本人の憧れだったん

ですね!

山端朱美さんは、フランス好きが高じて

なんと、フランスのブランドで当時

人気だったアニエスベーに入社!

アニエスベーは、モノトーンの

ファッションがかっこいいブランドです。

 

山端朱美さんは、仕事からの使命感から?

22歳の時にフランスへ初旅行!

そしてますますフランス好きになり

イギリスのアンティーク食器などを

集めるようになったそうです。

2013年には、それまでの仕事を辞め

フリーランスになり、2014年12月に

それまで集めていたアンティークを

仕事にしようと一念発起されました!

スポンサードリンク

 4.山端朱美(アンティークバイヤー)さんの年齢と結婚は?(世界はほしいモノ)NHK

山端朱美さんは、年齢を公表されていません。

おそらく、雑誌「オリーブ」を愛読されて

いたということですので、50歳代の

前半~半ばくらいの年齢かと、想像して

います!

ところで山端朱美さんはご結婚されて

いるのでしょうか?

山端朱美さんは、南フランスに別宅がある

ようで、パリとフランスを行ったり来たり

されています。南フランスに帰った時は

猫のシャネルとの画像をインスタにアップ

されていますね。

猫のシャネル宅(別宅)には飼い主さんが

いるそうで、もしかしたらその飼い主さんが、

山端朱美さんのパートナーなのかな?

と勝手に思ったりしています!

 5.山端朱美さんのフランスアンティーク食器がかわいい!(世界はほしいモノ)NHK

山端朱美さんの集めている、アンティーク

食器は、どれも本当にかわいいですよね!

山端朱美さんは、あまり絵皿や色柄もの

は手にすることがないそうですが、

最近はモロッコにハマって

いるそうで、モロッコのかわいい色柄の

食器も買い付けていらっしゃいます!

バイヤー山端朱美さんは、白皿だけを

販売される事もあるんです。基本的には

こういったシンプルな食器がお好きな

ようですね。

私は個人的に、このオクトゴナル皿が

とってもかわいくて、欲しいなぁと思う

のですが、みなさんはどうですか?↓

スポンサードリンク

 6.もっと知りたい山端朱美さんのこと

アンティークバイヤーの、山端朱美さんは

自分の好きな事を仕事にし、大好きな

フランスで1年の半分を生活していて

読書をしたり、昼寝をしたり、好きな

お菓子作りをされたりしています。

 

自分の好きな事を仕事にするって

なかなかできない事と思うのですが

山端朱美さんは、働く女性としても

すごく尊敬してしまします。

やはり、思った事を実行できる行動力が

必要ですよね!

もっとくわしく、山端朱美さんのお話を

聞いてみたいなぁと思いました!

そして、できればフランスのアンティーク

食器を我が家にも取り入れたいと

思います^^

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です