湾岸線トンネル内で事故と火災【画像】(12/17発生)通行止めと原因は?




2019年12月17日、23時頃

首都湾岸線上りのトンネル内で、

15台以上の車が次々と、

玉突き事故を起こしました。

これから朝のラッシュが始まるため

通行止めによる渋滞が心配です。

 1.湾岸線の上りで事故!通行止めは?

12月18日、7時30分現在通行止め

の状況です。

「湾岸線東行通行止め

東扇島~川崎浮島JCT
東扇島~川崎航路トンネル
川崎航路トンネル付近
川崎浮島JCT付近
川崎浮島JCT(大師JCT方面)
川崎浮島JCT(木更津金田IC方面)
川崎浮島JCT

なお湾岸線西行は通行止・規制はありません

スポンサードリンク

 2.湾岸線トンネル内の事故火災の原因は?

2019年12月17日、23時頃に

起きた、湾岸線の川崎航路トンネル内で

玉突き事故が発生。

事故の直前に、トンネル内でトラックから

出火する車両火災があり煙が充満していた

事が原因とされています。

トラックは道の脇に寄せて停車し

その運転手は逃げて無事でした。

 

しかしその後、近くで高速バスがトラックに

衝突し、高速バスの運転手(50代男性)が

亡くなりました。

トラックとバス、15台以上の車がからみ

怪我人も多数出ています。

22人が煙を吸ったり打撲で搬送されて

いるようです。

バスは、横浜から千葉の木更津に向かう途中

だったということです。

 

事故直後、後方の車は動けなくなり

社内に3時間も取り残され不安を感じた

方もいるそうです。

トンネル内は換気扇はあるものの

煙を吸うと一酸化炭素中毒になる

可能性があるので本当に怖いですね。

スポンサードリンク

 3.湾岸線トンネル事故の目撃画像は?

湾岸線のトンネル内で、火災を起こし

停車していたトラックです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です