須田陽(すだみなみ)指揮者でピアノの天才!経歴と学歴は?東京芸術大学で彼女は?【さんま東大】




こんにちは、マリンです!

現在、東京芸術大学に在学中の

イケメン指揮者でピアノの天才

言われている須田陽(すだみなみさんを

ご存知でしょうか?

今回、テレビ番組「さんまの東大方程式」

に出演するということで話題になっています!

天才的な耳の良さを披露してくれるというので

興味津々。

「8つの音を同時に聴き分ける天才指揮者」

須田陽(すだみなみ)さんの経歴や学歴

東京芸術大学彼女がいるかなど

いろいろ調べてみました!

それでは一緒にみていきましょう。

スポンサードリンク

 1.須田陽(すだみなみ)さんは指揮者でピアノの天才!

須田陽(すだみなみ)さんは、現在

東京芸術大学指揮科の2年生で、プロの

指揮者になるために勉強中。

コミュニケーション力が高い須田陽さん。

1年生の時には、学年全体の237人に声をかけ

約90人を集めて「ミレニアムシンフォニー」

を結成!演奏家以外の学科の学生

音楽環境創造科や楽理科、作曲家なども

メンバーになり、そういった学生が、

オーケストラの企画運営をするという

前例のないカタチが特徴だそう。

 

過去のものにとらわれず、新しいモノに

チャレンジするのって楽しそうですよね。

いろんな角度からオーケストラを楽しめ

そうです!

 

須田陽(すだみなみ)さんは

オーケストラの総括となり指揮者ですが

耳がとてもいい事で、東京芸術大学の中

でも一目置かれる存在なのだそう。

なんと、8つの音を同時に聴き分ける

ことができるんですね!

オーケストラは多くの楽器が集まって

一斉に音を出すわけですが、何の楽器が

演奏されているか。どのパートを弾いて

いるのか。絶対音感もあるので

どの音が半音ずれているなどという事が

瞬時に分かって、記憶に残るという

ことなんですね。

4歳の時からピアノを始めた須田陽さん。

英才教育ですね。

きっと恵まれた環境のご家庭だった

のでしょう。6歳からソルフェージュや

作曲も始めたというのですから驚き

ですね。音を聴いて楽譜を書くという訓練を

幼い頃からやっていた、という事です。

スポンサードリンク
須田陽(すだみなみ)さんが指揮者

なりたいと思ったきっかけが、7歳の時。

伊勢崎市内であったチェコプラハ管弦楽団

の演奏を聴いて「かっこいい!」と

憧れをもちました。

 

指揮者になるためには、ピアノを弾ける

のが当たり前の世界で、さらにピアノ

意外の楽器が弾けることが強みになります。

須田陽さんは、7歳からヴァイリンの

レッスンも始めました。

 

普通の家庭では、子供にヴァイオリンを

習わせるというのは、なかなか敷居の高い

ことなのです。

お金がすごくかかりますからね。

もしかしたら須田陽さんのご家族に

音楽関係の方がいらっしゃるのかも

しれません。

そんな幼い頃からの訓練の積み重ねが

たくさんの音を聴き分けることが

できる耳を作り出したのでしょう!

 

中学生からは、音楽教育で中高一貫校

の演奏家コースに通い、指揮者の

勉強をします。

そんな中、ピアノにも力を注いだ

須田陽さんは、第9回横浜国際音楽

コンクールピアノ部門高校の部で1位を獲得

第32回全日本ジュニアクラッシク音楽

コンクール作曲室内学部門高校生の部最高位

を受賞するなど、かずかずのコンクールで

結果を出し、天才ピアニストとしても

知られるようになりました!

 

現在はプロのピアニストとしても活動し

作曲や、楽曲の提供なども手掛けています。

スポンサードリンク

 2.須田陽さんの経歴や学歴は?

それでは、イケメン指揮者で天才ピアニスト

須田陽(すだみなみ)さんの経歴や学歴

ついて追っていきましょう。

須田陽さんの経歴
  • 名前:須田陽(すだみなみ)
  • 生年月日:1999年
  • 年齢:19歳
  • 出身:群馬県伊勢崎市
  • 4歳:ピアノを習い始める
  • 6歳:ソルフェージュ・作曲を始める
  • 7歳:ヴァイオリンを習い始める
  • 第23回群馬県ピアノコンクール
    小学生3・4年の部最優秀賞
  • 学歴:宮郷第二小学校卒業
  • 上野学園中学に進学
    指揮者の勉強をはじめる
  • 第22回日本クラシック音楽コンクール
    全国大会ピアノ部門中学校男子の部3位
  • 第68回全日本学生音楽コンクール
    中学生の部東京大会奨励賞
  • 第11回北本ピアノコンクールソロE部門第1位
    教育長賞、コンチェルト賞
  • 第9回横浜国際音楽コンクール
    ピアノ部門高校の部第1位
    月刊ショパン賞
  • 第29回群馬県ピアノコンクール
    高校生の部最優秀賞
  • 学歴:上野学園高校音楽家演奏家(ピアノ)
    コース卒業
  • 東京芸術大学部指揮科に入学
  • 東京芸術大学部ミレニアムシンフォニー
    代表
  • 日本クラシックオーケストラ
    サン=オートム室内オーケストラと共演
  • ピアノを横山幸雄、田部京子、川田健太郎、
    指揮を下野竜也、大河内雅彦に師事
  • ソルフェージュ楽典・和声・作曲等を
    ワタナベ俊哉の各氏に師事
  • 職歴:プロピアニストとして活動
  • 作曲も手掛け楽曲提供も
  • スポンサードリンク
  •  3.須田陽さんは東京芸術大学で彼女は?

    指揮者でプロピアニストの、須田陽さんは

    東京芸術大学の2年生です!

    まだまだお若くて、青春真っただ中ですね^^

    東京芸術大学で指揮者やピアノを勉強していると

    女性と接する機会も多いはず。

    須田陽(すだみなみ)さんい彼女がいるのか

    いろいろとしらべてみました。

    するとよく須田陽さん一緒に画像に

    写っていることが多いのが冨永春菜さん

    という女の子。

    一緒に演奏会に出演する機会があったり

    するようですね。彼女ではないかも

    しれませんが、とってもかわいい

    カップルに見えてしまいます^^

    須田陽さんはこれからたくさん恋愛して

    それがすてきな曲の原動力となって

    いくのでしょうね。

     

    須田陽さんは、かわいいトイプードル

    を飼っていて、とても熱心に

    かわいがっているようです。

    昨年は子犬も産まれたそうですよ!

    子犬も名前を楽器からとっているのが

    須田陽さんの家庭ならではのような

    気がしますね(笑

    ステキだと思います!

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です