堤駿斗3兄弟(勇斗・麗斗)の戦績と経歴や学歴は?父親と母親家族まとめ【情熱大陸】




こんにちは、マリンです

今回【情熱大陸】に登場するのは

東京オリンピックへの出場を目指し

メダルを期待されているボクサー

「堤駿斗」(つつみはやと)さん!

 

堤駿斗さんは、日本人として初めて

アマチュアボクシング世界ユース選手権

(18歳以下の世界大会)で優勝した

という経歴の持ち主で、2016年

2017年の日本ボクシング連盟最優秀選手

にも選ばれています。

 

そんなボクサーの堤駿斗さんは3兄弟

の次男で、3兄弟全員ボクシングをやって

いるというから興味津々!

堤駿斗さんと兄の堤勇斗さん、

弟の堤麗斗さんについて、ボクシングの

戦績と経歴や学歴について調べてみました。

また、堤駿斗さんの父親と母親家族

気になりますね^^

それでは順番に、堤駿斗さん家族について

みていきましょう。

スポンサードリンク

 1.堤駿斗(3兄弟次男)さんの戦績は?

それでは早速、ボクサーの堤駿斗さんの

ボクシングの戦績についてみていきましょう!

堤駿斗さんの戦績

2015年6月 アジアジュニア選手権
(バンタム級) 出場

・2015年8月 インターハイ(フライ級)
準優勝

・2015年9月 AIBA世界ジュニア
(バンタム級) 出場

・2015年10月 国体 少年の部
(フライ級)優勝

・2016年3月 全国高校選抜(フライ級)
優勝

・2016年5月 ASBCアジアユース
(フライ級) 優勝

・2016年8月 インターハイ(フライ級)
優勝

・2016年11月 AIBA世界ユース
(フライ級) 優勝

・2017年3月 全国高校選抜(バンタム級)
優勝

・2017年7月 ASBCアジアユース
(バンタム級) 優勝

・2017年8月 インターハイ(バンタム級)
優勝

・2017年10月 国体 少年の部
(バンタム級) 優勝

・2017年11月 全日本ボクシング選手権
(バンタム級)優勝

・2018年3月 山根杯(バンタム級)
優勝

・2019年5月 コンスタンチン・コロトコフ
記念国際トーナメント(フェザー級)優勝

・2019年11月 全日本ボクシング選手権
(フェザー級)優勝

2020年3月3日 東京五輪アジア・
オセアニア予選(フェザー級)
フィリピンのイアン・クラーク・
バウチスタに敗れる

 2.堤駿斗(3兄弟次男)さんの経歴と学歴は?

それでは続いて、堤駿斗さんの

経歴と学歴についてご紹介します!

堤駿斗さんの経歴

名前:堤駿斗(つつみはやと)

生年月日:1999年7月12日

年齢:20歳

出身:千葉県千葉市

身長:171cm

階級:バンタム級(52kg~56kg)
右ボクサーファイター

学歴:高校・千葉県習志野市立
習志野高等学校卒業

大学・東洋大学2年生

堤駿斗さんは、幼い時から極真空手を習って

いましたが、小学5年生の時に

兄の勇斗さんがボクシングをやっていたのに

影響を受けて

空手からボクシングに転向します。

それと同時にキックボクシングも

始めた堤駿斗さんですが、中学2年生に

なってからは地元千葉の「本多ジム」

ボクシングに専念することに。

堤駿斗さんは

ロンドンオリンピックで金メダルを

獲得したボクサーの村田諒太に憧れて

いたそう。

そして、中学時代に

U-15全国大会、アンダージュニア全国大会、

第1回全日本アンダージュニアボクシング

王座決定戦などの数々のタイトルを獲得!

高校は、名門習志野高校へ進学し

インターハイ、国体、選抜大会

全国6冠を達成。

2016年、高校2年生の時に、アマチュア

ボクシング世界ユース選手権

日本人で初めて優勝しました!

2017年には、現WBA・IBF世界バンタム級

王者の井上尚弥さん以来、6年ぶりに

高校生で全日本選手権を制し

この時から井上尚弥2世と呼ばれるように!

 

2018年4月には東洋大学へ進学され

ています。

現在は東京オリンピック出場を目指す

堤駿斗さんは2019年3月3日に行われた

オセアニア選手権でまさかの敗退

現在は、5月のパリ世界最終予選に向けて

調整中です!

プライベートでは

堤駿斗さんは、ツイッターで「乃木坂46」

リツイートされていることが多いので

もしかしたら「乃木坂ファン」なのかも

しれませんね^^

スポンサードリンク

 3.堤駿斗さん3兄弟の兄(堤勇斗)さんの戦績・経歴・学歴は?

堤駿斗さんの兄、堤勇斗(つつみゆうと)

さんについてみていきましょう!

堤勇斗さんの経歴

名前:堤勇斗(つつみゆうと)

生年月日:非公開

年齢:26歳~27歳

出身:千葉県

学歴:高校・
千葉県立犢橋高等学校卒業

大学・拓殖大学

ボクサーの堤駿斗さんは3人兄弟です。

堤駿斗さんがボクシングを始めたきっかけ

は兄の堤勇斗(つつみゆうと)さんの

影響をうけたから。

兄の堤勇斗さんも、極真空手をされていて

中学生の時は極真会館の世界J3位の選手

だったのだそう!

中学生の15歳の時、空手にはプロが無い

のでボクシングでプロになりたいと

空手からボクシングに転進

千葉の「本田ジム」に通い、

高校は千葉県立犢橋高等学校へ進学

しました。

大学は拓殖大学へ進学しボクシング部に所属

していましたが戦績の情報は見つけられ

ませんでした。現在は、弟の堤駿斗さんと

堤麗斗さんのサポートをしているという情報

もありますね。弟さん2人の現在の活躍が

あるのは、兄の堤勇斗さんの存在があり

「お兄ちゃん」を追いかけて目指していたから

ことなんでしょうね。

スポンサードリンク

 4.堤駿斗さん3兄弟の弟(堤麗斗)さんの戦績は?

それでは、ボクサー堤駿斗さんの弟

堤麗斗(つつみれいと)さんの戦績です!

堤麗斗さんの戦績

2013年~2016年
U-ジュニア・U-15:4年連続優勝

2017年:アジアジュニア・優勝
U-ジュニア・優勝

2018年:インターハイ・優勝

2019年:全国高校選抜大会ジュニア
五輪杯・優勝

アマチュアボクシング
アジアユース選手権大会・優勝

 5.堤駿斗さん3兄弟の弟(堤麗斗)さんの経歴・学歴は?

つづいて、堤駿斗さんの弟

堤麗斗(つつみれいと)さんの経歴と学歴

ご紹介します。

堤麗斗さんの経歴

名前:堤麗斗(つつみれいと)

生年月日:非公開

年齢:高校3年生(18歳)

出身:千葉県千葉市

学歴:千葉県習志野市立
習志野高等学校

堤麗斗(つつみれいと)さんは、

2人の兄と同じように、極真空手を

習っており、小学1年生の時には

千葉県空手道選手権大会で優勝して

います!

小学5年生で、空手からボクシングに転向

した堤麗斗さん。2人の兄の背中追い、

中学2年でアジアジュニアを制覇

高校1年でインターハイで優勝

2019年には、アマチュアボク

シングアジアユース選手権大会でも

優勝しています!

堤麗斗さんがボクシングで負けたのは

中学2年生の1度だけ。

人一倍努力を惜しまない努力家として

今後を期待されています!

兄の堤駿斗さんは、自分が東京オリン

ピックに行けなかったら、弟の堤麗斗

さんに次のオリンピックの夢を託したい

とおっしゃっています!

プライベートでは

堤麗斗さんは、ツイッターに

パンケーキのお店やマクドナルドの三角

チョコパイをリツイートしていたり

兄の堤勇斗さんと食事に行った際は

デザートにケーキを食べていたりと

もしかしたら、甘いスイーツがお好き

なのかもしれませんね^^

スポンサードリンク

 6.堤駿斗さん3兄弟の父親は?

ボクサーの堤駿斗さん3兄弟の父親は

堤直樹(つつみなおき)さんです。

父親の堤直樹さんは、ボクシングは未経験で

やったことがないそうですが、3人の子供さん

のために自宅にボクシング専用の練習部屋を

作ったり、一緒にジムに通い、他の選手の練習や

トレーナーの指導を見て、独学で勉強したそう。

ビデオで試合を録画して、何度も見直して

アドバイスをしたりと、とても協力的!

堤駿斗さんや堤麗斗さんは

ジムでは理論・ボクシング部では感覚

家では肉体強化という3つを基本にして

いるようですね。

 7.堤駿斗さん3兄弟の母親は?

堤駿斗さん3兄弟のお母様は

とっても美人ですね!

お名前や年齢などの情報はないのですが

堤駿斗さんが「服を自分で洗濯した

ことがなくて洗濯機の使い方が

分からない」とか「食事をしていつ時も

母の大切さがわかる」とおっしゃって

いるので、お母さまがずっと生活面で

支えてきた事が伝わってきます。

きっと優しくて素敵なお母さまなのだろう

と想像しています^^

やはり、アスリートで活躍する選手の影

には、すごいご両親が影で支えているの

だということが分かりました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です