【オールスター感謝祭2019秋】赤坂マラソンの優勝者と結果!森脇健児の順位とノッチ卒業?




オールスター感謝祭2019秋

赤坂ミニマラソンの季節が、

今年もやってきましたね!

オールスター感謝祭

今年でなんと28周年になるという

人気番組!

年2回の放送を楽しみにしている

視聴者の方も多いですよね。

今回は、令和最初の放送で、57回目

となり、気持ちも新たに豪華芸能人の

活躍が期待されます。

 

その中でも、1993年春にスタート

した、「赤坂5丁目ミニマラソン」

毎回注目を集めています!

前回は海外からの招待ランナーの参戦が

なく、いつもより迫力に欠けるレースと

なりました。

今回は招待ランナーのごぼう抜きが

みられるのか?

また、青山学院大学からは、

山のエースが参戦予定!

 

オールスター感謝祭2019秋

赤坂ミニマラソン結果、

優勝者と順位コースや距離

速報でお伝えしていきます。

そして、森脇健児さんの結果や活躍に

ついてもご紹介しますので、

是非最後までおつきあいください!

スポンサードリンク

 1.オールスター感謝祭2019秋赤坂マラソンの優勝者は?

オールスター感謝祭2019秋

赤坂5丁目ミニマラソンの優勝者

森渉さんが優勝しました!

 

  • 優勝 森渉
  • 2位 竹石尚人
  • 3位  森脇健児
  • 4位 ハリー杉山
  • 5位 小島よしお
  • 6位 ノッチ

4週目の途中までは、運動自慢の5人は

固まっていたのですが、そこから急に

スピードを上げたのが小島よしおさん。

心臓破りの坂を1位で登り切ろうと

しましたが、そこに食らいついたのが、

森渉さんでした!

 

坂道の途中でバテてしまった

小島よしおさんを

森渉さんが追い抜いて1位に!

あまり疲れているように見えず

むしろ4周の半ばで1番スピードを上げて

走った森渉さん。

ナレーターの青山学院の原監督も

バテない森渉さんに驚いていました!

 

その後、そのまま1位でゴールするのかと

思いきや、どんどん迫ってきたのが

青学のエース竹石尚人さん!

最後の1周で、運動自慢芸能人を一気に

追い抜きにかかりました!

外からスタジオ内に入ったところで

あと少しで森渉さんにおよばず。

わずかな差で森渉さんがゴール!

竹石尚人さんは2位でゴールとなりました!

1位との差は0秒!

最後の接戦は見ものでしたね~

涙が止まらないも森渉さん。

今日はあまり調子が良くなくて

このメンバーだったらきっと無理だと

思っていたそう。

それでも優勝できたのは日ごろの練習の

成果でしょうね!

原監督も相当練習してるでしょうねと

言ってましたよ。

とっても素敵な森渉さんお笑顔。

妻の金田朋子さんも会場にいて

涙で祝福していました!

相変わらずの、おもしろ、、いえいえ

ステキな声でした^^

スポンサードリンク

 2.オールスター感謝祭2019秋赤坂マラソンの結果は?

オールスター感謝祭2019秋の

赤坂マラソンの結果順位をご紹介します。

赤坂マラソン2019秋順位

優勝 森渉 

2位 竹石尚人(トップとの差0秒)

3位  森脇健児(トップとの差15秒)

4位 ハリー杉山(トップとの差17秒)

5位 小島よしお(トップとの差29秒)

6位 ノッチ(トップとの差52秒)

今回はいつもよりも出場選手が

少なくみえましたね。

青山学院の竹石尚人選手の参加が

あったくらいで、海外からの招待選手も

いなくて、なんだか寂しい感じです。

見どころは、竹石尚人さんが

どこまで追いつけるかと、森脇健児さんの

活躍でした。

竹石尚人(4年生)さんは、

今年の冬の箱根駅伝で

5連覇を目指していましたが、山登りで

大失速。惜しくも2位で敗退しました。

そこでこの赤坂マラソンで、その屈辱を

晴らしたいと参戦!

優勝したら、寮で使う業務用の大きい

炊飯器が欲しいのだそう。

 

ここで森脇健児さんが

「赤坂マラソンは、自信を取り戻す所

じゃない、視聴者に感謝する場所!」と

熱くなっていました!

 

竹石尚人さんは2週間後にも大会を

控えているということで、万全な

コンディションで臨むということ!

坂道に強い竹石尚人さんはどこまで

追いつけるのか。

 

竹石尚人さんは、なんと

「4分」ものハンデを持ってスタート!

軽い走りでどんどん他の出場者を

追い抜いていきました。

3週目の半ばくらいまでは、ほとんど

TV画面には竹石尚人さんしか映って

いなかったので、他の出場者の活躍が

分かりにくかったですね。

特に女性ランナーの活躍や順位は

さっぱりでした^^;

4週目の下りで、運動自慢選手の

背中を見ることができた竹石尚人さんは

スピードを上げてノッチさんを追い越します。

その時のノッチさんは5位。

 

そして心臓破りの坂道に差し掛かった所で

残り4人の背中を確認。

坂道半ばで3人を追い越しました。

しかし森渉さんだけは、粘りが強く

必死に逃げます。

そして最後は会場内の通路で、森渉さんの

すぐ後ろまで追いついて抜こうとしましたが

ほんの少し及ばず、2位という結果に

なりました!

スポンサードリンク

 3.オールスター感謝祭2019秋赤坂マラソンとコースとハンデ

赤坂5丁目ミニマラソン

TBSの所在地が、赤坂5丁目にある

ということから名づけられました。

コースは赤坂ミニマラソン2019春

では突然変更になり、距離も少し短く

なりました。

コースの1周約800mを4周する構成で

3.4kmを走りました。以前は3.6km

のコースが多かったです。

赤坂ミニマラソン2019秋

3.4kmのコースになりました。

コースの1番の見どころは

「心臓破りの坂」と呼ばれている

高低差18mの坂道です!

TBS正面玄関から大道具搬入口へと続く

傾斜のきつい二段坂になっています。


出典:http://ameblo.jp/

あまりにも急なため、

苦しくて歩いてしまう

芸能人が続出です!

ここでライバルとどれだけ差をつけられるかが

ポイントですね!

坂道に強いランナーがかなり

有利になりそうです。

 

今年はこの坂道で、いったい

どんなドラマが起こるのでしょうか!?

 

赤坂5丁目ミニマラソンの出場者は

男女の実力がバラバラなので平等にするために

ハンデ制になっています。

2019年春のハンデルールと今回の秋の

ハンデルールは以下の通りです。

比較してみると前回の赤坂マラソンよりも

全体で1分近くハンデが縮まっています。

赤坂ミニマラソンハンデ

【赤坂5丁目ミニマラソン2019春

①一般女子

②一般男子:一般女子から15秒後

③運動自慢タレント:一般男子から30秒後

④マラソンタレント(過去の優勝経験者など)
運動自慢タレントから40秒後

⑤小野田勇次:
マラソンタレントから3分30秒後
スタートから小野田勇次までの差
(4分55秒)

 

赤坂5丁目ミニマラソン2019秋

①一般女子

②一般男子:一般女子から40秒後

③運動自慢タレント:
一般男子から30秒後

④常連ランナー:
運動自慢タレントから20秒後

⑤竹内尚人:常連ランナーから
2分30秒後

スタートから小野田勇次までの差
(4分00秒)

スポンサードリンク

 4.オールスター感謝祭2019秋赤坂マラソン前回の優勝者は?

オールスター感謝祭2019春

赤坂5丁目ミニマラソン振り返って

みます。

前回優勝者森脇健児さん

でしたね!

 

鼻水が10センチくらい垂れていますが(笑

優勝だから見苦しくても、もういいじゃない

ですか!?

前回の2018年秋の赤坂ミニマラソンでは

惜しくも2位だった森脇健児さん。

実は、3ヶ月前に練習のしすぎで

肉離れを起こしてしまい、出場すら

危ぶまれたのですが

ご家族が応援に駆けつける中

52歳にして3回目の優勝

果たしました!

本当にすごいことです!

2位とは7秒差をつけてのゴール。

最後の心臓破りの坂での追い抜きが

すごいパワーで見ものでしたよ。

ゴールした瞬間は感動しました!

スポンサードリンク

 5.赤坂マラソン2019秋前回の結果と順位は?

オールスター感謝祭2019春

赤坂5丁目ミニマラソンの結果と順位

を詳しく振り返ってみましょう。

 

優勝者森脇健児さんでしたね!

続いて2位魔裟斗さん

運動自慢タレントとして出場した

魔裟斗さんは、

4周目の心臓破りの坂道まで1位を死守して

いました。このまま1位でいくかと思いまし

たが、最後の森脇健児さんの追い抜きには

勝てなかったと悔しいながらも嬉しそうな

笑顔でしたね。

3位森渉さん

妻の金田朋子さんと出場した森渉さん。

「ここまれ来れたのは、ともちゃんの

おかげ!」と嬉しそう。

4位ハリー杉山さん

5位おばたのお兄さん

となりました!

詳しい順位とトップとの時間差は

次の通りです。

赤坂ミニマラソン2019春順位
  • 1位 森脇健児
  • 2位 魔裟斗 トップとの差7秒
  • 3位 森渉 トップとの差9秒
  • 4位 ハリー杉山 トップとの差16秒
  • 5位 おばたのお兄さん トップとの差25秒
  • 6位 ノッチ トップとの差35秒
  • 7位 小島よしお トップとの差38秒
  • 8位 小野田勇次 トップとの差39秒
  • スポンサードリンク
  •  6.赤坂ミニマラソン2019秋の招待選手はベンジョンソン選手

    赤坂ミニマラソンで毎回楽しみなのが

    招待選手!

    今回の赤坂ミニマラソン2019秋

    招待選手は誰なのでしょうか?

    海外からアスリートがレース参戦

    してくれたら、見ごたえがありそうです

    よね!

    そしてなんと!今年の招待選手は

    あのベンジョンソン選手!

    1987年当時100m9秒83という

    世界新記録を出した選手であまりにも

    有名です。

    ベンジョンソン選手が赤坂マラソンに

    出るなんてすごい!とおもったのですが

    なんとベンジョンソン選手が参戦するのは

    「ぬるぬる将棋物走」だったというオチ!

     

    ベンジョンソン選手の走りが見られるかも

    と思ったのでとても残念です。

     

    さらに、ベンジョンソン選手が出場した

    ぬるぬる障害物走では、コースから落ちて

    しまいまさかの失格!

    そしてその時に、股関節を痛めてしまった

    というベンジョンソンさん。

    大丈夫だったでしょうか、その後が

    気になりますね。

    スポンサードリンク

     7.赤坂ミニマラソン2019秋の森脇健児さんの結果は?

    今では赤坂ミニマラソンで名物となった

    森脇健児さん。

    赤坂ミニマラソン2019春・

    森脇健児さんの結果順位

    なんと優勝!

     

    個人的に森脇健児さんが好きで

    応援しているので

    ここで少し、森脇健児さんの

    赤坂ミニマラソンでの活躍について

    ご紹介します。

    出典:https://twitter.com

    「走る男」としてイメージが定着して

    いる森脇健児さんは現在52歳

    昔はSMAPのTV番組「夢がMORI

    MORI」の司会を務めるほどの

    人気っぷりでしたが、その後勢いが

    低迷し仕事が全く無い状態まで

    落ち込んだ時期がありました。

     

    しかし36歳の時、この赤坂5丁目

    ミニマラソンに初出場し、初優勝!

    これがきっかけで、仕事も少しづつ

    増えていったそう。

     

    その後、かかすことなく

    赤坂ミニマラソンに出場し続けている

    森脇健児さんは、優勝できなかったら

    やめる」と言っていた2017年春の

    赤坂ミニマラソンで優勝!

    2018年秋は2位と、ずっと

    上位の結果を出してきています。

    若い出場者がいる中、この年齢にして

    この結果は本当にすごいです。

     

    森脇健児さんは、現在も

    赤坂ミニマラソンに向けて、

    追い込みトレーニングを続けています!

    出典:https://twitter.com

    2019年に入ってからは

    枚方ハーフマラソン

    南山城村駅伝大会

    京都マラソン

    寝屋川ハーフマラソン

    三重県松阪シティマラソン

    などなど、公式の大会にたくさん

    出場していて、かなり追い込んでいる

    ようでした。

     

    そして2019年春の赤坂ミニマラソン

    にも出場!

    しかし、森脇健児さんは練習のしすぎが

    たたり、3ヶ月前に肉離れを起こして

    しまいました。

    スポンサードリンク

    それでもなんとかスタートラインに立ち

    スタート!ハンデは3分30秒

    招待選手の小野田勇次さんが4分55秒

    のハンデでスタートすると、小野田勇次

    さんがずっとカメラに映っていて

    森脇健児さんやその他の選手の活躍が

    ほぼ分からなかったのが残念です。

     

    その間2位の魔裟斗さんは40秒のハンデ

    で1位を4周目の坂道まで死守。

    小野田勇次さんもなかなか追いついて

    来ず、予想はずれの展開に!

     

    このまま魔裟斗さんが優勝するかと

    思ったのですが、最後の最後で

    森脇健児さんが魔裟斗さんの後ろに

    現れました!

    心臓破りの坂の終わりの方で

    最後の力を振り絞り、とうとう魔裟斗

    さんを追い抜いた森脇健児さん。

    そのパワーはすごかったです!

    52歳とは思えないですね~

    1位になった森脇健児さんはそのままゴール。

    3回目の優勝を果たしました!

    毎回、体当たりの走りで

    ゴールの後に倒れる森脇健児さん。

    今回もゴールしてそのまま倒れてしまい

    その時嬉しさのあまり、男泣き。

    感動で私もウルっときましたよ。

     

    「今回は無理だと思っていた」と

    鼻水をたらしていた森脇健児さん。

    かっこいいやら、かっこ悪いやら(笑

    でもとっても元気をもらえました!

     

    そして今回、オールスター感謝祭2019秋

    赤坂5丁目ミニマラソンでの活躍が

    楽しみです!

    優勝しなくても、元気をもらえるので

    森脇健児さんには、是非最後まで

    走りぬいていただきたいです!

     8.赤坂ミニマラソン2019秋の森脇健児さんの順位結果は?

    (準備中)

     9.赤坂ミニマラソン2019秋にノッチさん卒業?

    (準備中)

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です